ひらい歯科クリニック
北九州市小倉北区で歯医者をお探しなら
ひらい歯科クリニック
*

MENU

CLOSE

西鉄片野新町バス停
徒歩1分
モノレール片野駅
徒歩5分
駐車場
6台完備
8:30~17:00
×
×
×

△…土曜日のみ8:30~16:15

歯を守る歯医者「ひらい歯科クリニック」の安心できるお子様の検診

*

お子様の検診

お子さまの幼児期の検診は非常に重要です。

*

乳歯は生後6ヶ月前後から生えてきて、それに伴い食べ物もミルクから離乳食へと変わっていきます。
その間のケアとして地域で行われる子どもの歯科健診は、乳幼児健康診査の項目の1つとして1歳6ヶ月児と3歳児に対しての検診が行われており、全国の市区町村ですべてのお子さまが無料で受けられるようになっています。
検診での指導もありますが、歯の磨き方、お菓子の食べ方等について、分からないこと等がありましたら、当院でもお伝えすることが可能ですのでぜひご来院下さい。
虫歯検診、歯ブラシの方法、お菓子のとり方等について丁寧にご説明致します。
また1歳6ヶ月児検診後から3歳児検診までの間ですが、この間に歯科医院で検診を受けない、ケアを行わないのは非常に危険です。ぜひ歯科医院の定期検診に通われることをお勧めします。
なぜなら、3歳までの間の歯のケアは、お子さまの将来の歯の健康に大きな影響を与えるからです。

まず1歳半健診の歯科健診では、口の中をチェックして、生えてきている歯の本数や虫歯の有無などをチェックしますが、必要最低限のチェックになります。
また1歳半から2歳半くらいまでは、口の外から入ってきた虫歯の病原菌(ミュータンス菌)が定着しやすい時期と言われており、虫歯リスクが高まりやすいと言われています。
生まれたばかりの赤ちゃんのお口の中には虫歯の病原菌であるミュータンス菌は存在しませんが、両親や兄弟など家族の唾液を介して口腔内にミュータンス菌が入り込み、感染する場合があります。
ミュータンス菌が口の中に入ることを完全に防ぐことはかなり難しいですが、正しい歯みがきや生活習慣を心掛けることで虫歯を防ぐことは可能です。

また、幼児のころから歯科医院に通い定期検診を受診するメリットは大きく4つあります。

1つ目は虫歯の予防と早期発見ができること。
幼児期の虫歯は痛みや自覚症状が殆どない為、気がついた時には虫歯になっていることが多く、場合によってはかなり進行していることもあり得ます。
虫歯や歯周病など、歯の病気の殆どは日々の生活習慣に原因があります。
ですので、幼児のころから歯科医院に通い、診断を通して専門的な情報を得て、お子さまに正しい習慣を身に付けさせることがとても重要になります。
とにかく虫歯は予防と早期発見が何より重要です。

2つ目のメリットは、正しい仕上げ磨きの方法が学べることです。
幼児期のお子さまは歯が生え揃っておらず、大人と同じ感覚で磨くことはできませんし、幼児期の歯には虫歯になりやすいポイントもあり、それを知った上で磨くことで正しい仕上げ磨きを行うことができます。
幼児期からの虫歯予防の為に、歯の汚れをしっかり落とせる歯ブラシの使い方、磨き方などを学ぶことは非常に重要です。
特にイヤイヤ期では、お子さまが歯磨きに抵抗感を持ちやすく非協力的になり、仕上げ磨きに苦労することが多いです。
歯科医院の定期検診では、こうした時期のご相談、仕上げ磨きの方法についてお伝えもしておりますので、お気軽にご相談頂ければと思います。

3つ目のメリットは、指しゃぶりや歯ぎしりなど、日頃見かけるお子さまのクセや、歯並びなど虫歯以外の気になることについて相談ができることです。
3歳以下のお子さまの場合、日頃のクセや歯並びで直ぐに矯正に移行するケースはほぼありませんが、それらのクセが将来的な歯並びや虫歯、ひいては発育や健康に影響を与えることは十分にあり得ます。
幼児期の口腔内で気を付けなければいけないのは虫歯だけではありません。
ママやパパが気になる日頃のクセや歯並びについて、歯科医院で定期検診を行う際にご相談頂くことで日々の生活で気を付けるべきことが分かり安心感が得られます。
これは大きなメリットと言うことができます。

4つ目は、定期的に歯科医院に通いケアを続けることでお子さまの「歯医者」に対するネガティブなイメージを持ちにくくできるということです。
歯が痛くなってから歯科医院に通うと虫歯になっている為歯を削ることになり、その歯を削る音や痛み、薬剤の匂いがお子さまにネガティブなイメージを与えてしまうことがあります。
そうした幼児期のイメージを覆すことは非常に困難です。
一度歯科医院にネガティブなイメージを持ってしまうと、その後通うことが少なくなってしまい、定期的な歯のメンテナンスをしていない事から虫歯や歯の病気になる確立が高くなり、重度化してから歯科医院に来られる為、また歯を削ることになり、音や痛み、匂いなどから更に嫌なイメージが強くなる、そいったネガティブなループに陥ってしまいやすくなります。
現在では歯科医院もそれぞれに工夫を凝らしており、お子さまが歯科医院に来たいと思える、またリラックスして前向きに治療をしたいと思える取り組みをしているところも増えています。
お子さまの「歯医者」に対するネガティブなイメージを持たせない様にする為にも、是非幼児期の頃から定期検診でご来院頂くことをお勧めします。

予約・問い合わせ
無料メール相談

MENU

CLOSE

*