ブログ・お知らせ | 小倉北区で歯医者をお探しなら、ひらい歯科クリニック

お電話でのご予約はこちら ご予約時間 8:30~17:00(土曜は8:30~16:15) 休診 : 木・日・祝日 8:30~17:00(土曜は8:30~16:15) 休診 : 木・日・祝日
小倉北区で歯医者をお探しなら、ひらい歯科クリニック

福岡県北九州市小倉北区で歯医者をお探しなら、
ひらい歯科クリニック

診療時間 8:30~17:15(土曜は8:15~16:15) 休診 : 木・日・祝日

歯周ポケットとは

歯みがき粉などのCMでもお馴染みになっている言葉「歯周ポケット」、皆さまも耳にする機会も多いのではないでしょうか。

歯周ポケットとは?

歯と歯ぐきの間にはもともと溝があります。これは“歯肉溝”といって、健康な歯ぐきでは溝の深さは1~2mm程度で、溝の底の歯と歯ぐきの組織はピッタリと密着しています。この“歯肉溝”にプラーク(歯垢)がたまり、プラーク内の細菌により歯肉が炎症を起こし腫れていき、密着が次第に剥がれて溝の深さが深くなった状態が「歯周ポケット」です。炎症で溝の周囲の歯肉も腫れて膨らむため、溝の中がまるでポケットのような袋状の空間になるので、これを歯周ポケットと呼ぶのです。

歯周ポケットの中はどうなっている?

歯周ポケットの内部は、酸素の少ない状態なので酸素の多い環境が苦手な歯周病菌が繁殖しやすく、歯ブラシの毛先が届きにくく汚れが溜まりやすい深いポケットの内部は歯周病原菌の繁殖はさらに進むことになります。
ひらい歯科クリニックでは、患者さまの歯周ポケットから採取したプラークを位相差顕微鏡という検査用の顕微鏡にかけ、大きなモニターで状態を目で見て確認をしていただいています。
歯周ポケットの中に細菌が増えたままで放っておくと歯肉が破壊され、歯周ポケットはより深くなりより進行した歯周病となります。最終的には歯を支える骨(歯槽骨)を溶かして歯が抜け落ちてしまう病気ですので、普段からお口の中のクリーニングを行なって歯周ポケットが深くならないよう気を付けることが大切です。

歯周ポケットの深さはどうやって測る?

歯周病の診断は、目盛りのついたポケット探針という専門の器具で歯周ポケットの深さを測定し、炎症の進み具合を確認して診断を行います。健康な歯肉の状態であれば歯周ポケットの深さは3mm以内ですが、4~5mmのだと初期の歯周病、6mm以上で重度の進行した歯周病と判断します。検査の際に歯周ポケットから出血がおこることもみられます。容易に出血するということは、その歯肉には炎症があるということですので、プラークや歯石の除去を特に徹底的に行う必要があります。
歯科医院で行うあの歯ぐきがチクッとする検査、実は歯周病の診断にとても大事な検査なのです。そして衛生士が「2」「3」「5」と声に出していますが、ご自分の検査の際に4以上の数字が聞こえてきた方は、初期の歯周病ということになりますので、プラーク・歯石の除去はしっかり行う必要があります。

歯周病予防には、毎日のセルフケアと、歯科医院での定期検診・クリーニングが非常に大切です。是非かかりつけの歯科医院で定期的に歯周病検査を受けて健康な歯ぐきを保つように心がけて下さいね。

小倉北区の歯医者
ひらい歯科クリニック
歯科医師 院長
平井 典和
院長紹介はこちら