ブログ・お知らせ | 小倉北区で歯医者をお探しなら、ひらい歯科クリニック

お電話でのご予約はこちら ご予約時間 8:30~17:00(土曜は8:30~16:15) 休診 : 木・日・祝日 8:30~17:00(土曜は8:30~16:15) 休診 : 木・日・祝日
小倉北区で歯医者をお探しなら、ひらい歯科クリニック

福岡県北九州市小倉北区で歯医者をお探しなら、
ひらい歯科クリニック

診療時間 8:30~17:15(土曜は8:15~16:15) 休診 : 木・日・祝日

たばこの影響とは??

皆さん、こんにちは!北九州市小倉北区片野新町にある歯医者、ひらい歯科クリニックの院長平井です。本日はたばこの影響に関してお伝えをしていきます。

たばこ

主流煙と副流煙

タバコに含まれる有害物質や発癌物質は健康を奪うだけでなく、家族や友人、大切な人の健康も奪います。タバコの煙には、タバコを吸う人が直接吸い込む「主流煙」とタバコの先から立ち上る「副流煙」に分かれます。

副流煙には主流煙と同じく体に有害な成分が含まれていて、ニコチン、タール、一酸化炭素などの成分量は主流煙より多いと言われています。

受動喫煙に注意!

この受動喫煙の影響で1年間に約60万人が亡くなっていると言われています。また日本でも受動喫煙が原因で発症する肺癌と虚血性疾患だけで、年間約6800人が死亡していると報告されています。

この副流煙を自分の意思とは関係なく吸い込むことを「受動喫煙」と言います。受動喫煙にさらされると、がんや脳卒中、虚血性心疾患、呼吸器疾患などの様々な病気のリスクが高くなり、さらに妊婦や赤ちゃんにも悪影響を及ぼすことがわかっています。

家庭内でのたばこ

タバコを吸っている人が肺腺ガンになりやすいことが知られていますが、タバコを吸わない同居者も肺腺ガンのリスクが高いことも知られています。タバコを吸わない奥さんが喫煙する夫を持つ場合、吸わない夫を持つ妻に比べて肺腺癌のリスクが二倍以上になるとの報告もあります。家庭内でのタバコは家族への影響を十分に考える必要があります。

タバコを吸わない人が。せきやたん、息切れなどの症状が続いたり、気管支喘息、慢性気管支炎になる原因の一つが受動喫煙です。その他にも糖尿病、メタボリックシンドローム、精神疾患、認知機能低下などが受動喫煙が関与していると言われています。

さらに深刻な子供の影響

子供が受動喫煙から受ける健康被害は大人以上に深刻です。受動喫煙による危険は妊娠中からすでに始まっています。妊婦の影響としては流産や早産のリスクが高まると言われています。胎児の発育にも影響を及ぼす可能性があります。妊娠中の胎児はタバコの影響で体重が十分に増加せず、出生児の体重は、タバコを吸わない母親から生まれた子供より平均142グラム低くなるとの報告があります。そして子宮内発育不全になる確率は2.07倍。低出生体重児が生まれる頻度は 1.59倍高くなるとの報告があります。

妊娠してからでは遅い

つまり喫煙によって妊娠中から妊婦と胎児は危険にさらされ、発育の妨げになっている可能性があります。タバコを吸っていても妊娠がわかった時点でタバコをやめるという女性は少なくありません。しかし妊娠がわかる前の妊娠初期にはすでに胎児は受動喫煙の危険にさらされていることを考えると妊娠前から禁煙することが望ましいでしょう。

たばこの影響は成長とともに

子供の受動喫煙による健康被害は、乳幼児突然死症候群、呼吸器症候群、気管支炎、肺炎。中耳炎などです。タバコは乳幼児突然死症候群のリスク因子であり、両親ともに喫煙者である場合は5,77倍のリスクがあると言われています。

子供が成長して大人になったときにも受動喫煙の影響が続くと考えられています。成人になってからの肥満、糖尿病、メタボリックシンドロームに関連があることがわかっています。

このように口腔内の影響だけでなく、全身への影響、そして家族など身近な人への影響は大変大きな物があります。たばこの影響を理解し、健康を守る行動を起こしましょう。

北九州市小倉北区片野新町のひらい歯科クリニックではたばこを吸うことによって口腔内の状態が悪くなってしまう患者様のサポート・ケアをしております。
喫煙されている方はお気軽に当院のご相談くださいね。