ブログ・お知らせ | 小倉北区で歯医者をお探しなら、ひらい歯科クリニック

お電話でのご予約はこちら ご予約時間 9:00~18:00(土曜は9:00~17:00) 休診 : 木・日・祝日 9:00~18:00(土曜は9:00~17:00) 休診 : 木・日・祝日
小倉北区で歯医者をお探しなら、ひらい歯科クリニック

福岡県北九州市小倉北区で歯医者をお探しなら、
ひらい歯科クリニック

診療時間 9:00~18:00(土曜は9:00~17:00) 休診 : 木・日・祝日

レントゲンについて

こんにちは!小倉北区 ひらい歯科クリニック 歯科医師の野原です。

今回はレントゲンについてです。

歯科医院で行うレントゲン撮影法は主に、通常の口腔内撮影法、デンタル撮影と呼んでいます。それに歯科用パノラマ撮影、お口全体を撮る撮影法です。さらに、三次元的な情報がわかるCT撮影などがあります。

初めて来られた患者さんには、まず、パノラマ撮影を行い、お口全体の歯や神経、骨の状態をみさせてもらいます。さらに詳しく調べたい場合は部分的なレントゲンのデンタル撮影をするといった具合です。

レントゲン検査はわれわれが根拠に基づく診断をするうえで不可欠なものです(^-^)

レントゲンはフィルムに放射線を当てて撮ります。放射線は体に悪そうだからできることなら、あまり撮りたくないと思われる方もおられるかもしれません。

被ばく量、つまりは放射線を浴びる量ということですが、実際、一度の撮影の被ばく量はどのくらいでしょうか?

日本人の一年間で浴びる自然界での放射線量は平均で1、5mSv(ミリシーベルト)といわれています。

前回説明した撮影法ではデンタル撮影が0、01mSv、パノラマ撮影が0、03mSvとされます。(歯科用のレントゲンはデジタル化されてから被ばく量は10分の1になりました!ひらい歯科クリニックで使用しているものもデジタルです。)

ちなみに100mSvでの癌の発生率は限りなく0に近いです。

レントゲン検査による被ばく量が多く感じるか、少なく感じるかは人それぞれですが、レントゲンで得られる情報(利益)がリスクを上回っているという考えの下で検査を行っています!