ブログ・お知らせ | 小倉北区で歯医者をお探しなら、ひらい歯科クリニック

お電話でのご予約はこちら ご予約時間 8:30~17:00(土曜は8:30~16:15) 休診 : 木・日・祝日 8:30~17:00(土曜は8:30~16:15) 休診 : 木・日・祝日
小倉北区で歯医者をお探しなら、ひらい歯科クリニック

福岡県北九州市小倉北区で歯医者をお探しなら、
ひらい歯科クリニック

診療時間 8:30~17:15(土曜は8:15~16:15) 休診 : 木・日・祝日

喫煙の口腔内への影響とは??

こんにちは!北九州市小倉北区片野新町の歯医者、ひらい歯科クリニックです。本日はたばこを吸うことによるお口の中への影響に関してお話をしていきます。

喫煙の口腔への影響

喫煙の影響は、口に貯留、通過するタバコの煙による直接的影響と血液を介した間接的影響が関わります。タバコが最初に通過する口は喫煙の悪影響が最初に貯留する器官となります。

タバコの煙の影響は歯肉や口腔粘膜の上皮の厚さやその直下の粘膜下組織に分布する血管の分布度に左右されます。一般的に歯肉は硬く角化し、口腔粘膜の上皮は、口腔底、舌の下、口唇、歯槽粘膜で薄く、硬口蓋や舌背で厚くなっています。特に口腔底粘膜は物質透過性が高く薬剤の迅速な吸収を期待して薬剤の舌下錠が使用されていることもあり、タバコ煙の影響を受けやすいことになります。

歯周病なのに血が出ない?

怖い歯周病

歯周病の典型的な症状はハグキからの出血です。ところが喫煙直後、ニコチンの血管収縮作用により歯肉上皮下毛細血管毛の血流の減少、ヘモグロビン量と酸素飽和度の低下を起こします。そして長期間の喫煙により、通常とは異なり、炎症を起こした部位の歯肉出血の減少をきたします。そのため、臨床的には歯周ポケット(歯と歯肉の隙間)が深く進行した歯周炎であっても歯周ポケットを検査した際の出血が少なく、歯肉のメラニン色素沈着もあり黒ずんでしまって歯肉の炎症症状がわかりにくくなっています。

出血がないのでわかりにくい

歯周病喫煙者において歯肉出血が少ないことは、疾患の発症や進行の自覚を遅らせることになります。さらにニコチンは線維芽細胞の増殖抑制、付着障害、コラーゲン産生能の低下に作用すること臨床的に歯肉は繊維性の硬い深い歯周ポケットが形成され進行していく位ことになります。喫煙と歯周組織の破壊については喫煙者では、B O Pが少ないけれど、歯周ポケットは深く、歯の周りのしっかりしたハグキの量は減り、歯槽骨吸収が大きく、その結果、歯はグラグラしたりして、歯周病の罹患率が高く、重度となっていることがわかっています。

免疫力も低下する

また喫煙は免疫機能に対しても抑制的に作用します。ニコチンは体を守ってくれる好中球の貪食能などの機能を低下させたり、マクロファージの機能低下ももたらします。体に本来備わっている防御機能も機能しなくなるのです。

禁煙による歯肉の変化

禁煙すると5日後には歯肉からの出血等の歯周病症状は非喫煙者レベルまで回復するという報告があります。つまり喫煙者の歯肉の細かい循環形は禁煙後の早い段階で回復し、喫煙で抑制されていた歯肉の炎症や、歯周治療の反応は改善し、歯周組織は早期に改善することもわかってきました。これは状態は悪化しているのに、出血等の症状が発覚することもなかったことからすると、症状がやっと出てくることで本人が歯周病を自覚することへつながることになります。

お口の中を見る歯科だから

歯科での禁煙支援で禁煙に成功し歯周病が改善し、口腔癌のリスクは減少し、味覚が正常化することは素晴らしいことです。そしてそれだけではなくその他の様々な臓器も同時に危険因子がなくなります。口腔内を見る歯科医院での禁煙指導の役割は今後重要となってくることでしょう。

たばこを吸っている方は一度北九州市小倉北区片野新町にある歯医者、ひらい歯科クリニックへご相談くださいね。口腔内診断をいたします!