ブログ・お知らせ | 小倉北区で歯医者をお探しなら、ひらい歯科クリニック

お電話でのご予約はこちら ご予約時間 8:30~17:00(土曜は8:30~16:15) 休診 : 木・日・祝日 8:30~17:00(土曜は8:30~16:15) 休診 : 木・日・祝日
小倉北区で歯医者をお探しなら、ひらい歯科クリニック

福岡県北九州市小倉北区で歯医者をお探しなら、
ひらい歯科クリニック

診療時間 8:30~17:15(土曜は8:15~16:15) 休診 : 木・日・祝日

新型コロナウイルスとお口の関係

ウィルスによる肺炎とは?

ウイルスによる肺炎は大きく分けて3つに分かれます。ウイルス単独による肺炎、2つはウイルスと細菌による混合性肺炎、そして一旦ウイルス性肺炎が治まった後、二次的に細菌性肺炎が起きるパターンです。

新型コロナの場合

ス性肺炎が治まった後、二次的に細菌性肺炎が起きるパターンです。

新型コロナの場合、3番目のパターンが多いと言うデータが出ています。細菌性肺炎という場合口腔内の最近由来ということが考えられます。人間の体内には腸内細菌と口腔内細菌の二大細菌叢がありますが、腸内細菌が肺にいくのは考えにくく、口腔内であれば歯周病やむし歯あれば心臓を経由して肺にいってしまいます。ただ通常は肺に防御機構があり口腔内細菌が来ても問題にならないのですが、新型コロナによって肺の上皮細胞が傷付けられているとそこに定着してしまう可能性が高まります。インフルエンザの場合は侵入箇所が入り口近くの上気道の方ですが、新型コロナウイルスの場合はいきなり肺に行ってしまう可能性が高いのです。野球選手やサッカー選手が感染していますが、もしかしたら深い呼吸をすることが要因かもしれません。
細菌が肺にいくプロセスは2系統あり、一つは歯周病のように毛細血管から血流に入ってしまうルート。この場合必ず肺の深い部分まで入っていきますのでリスクが高まります。もう一つは唾液中の細菌が誤嚥されることによって肺炎を起こす、誤嚥性肺炎です。ただこれは通常は肺の免疫機能で抑えられることが多いのですが、新型コロナウイルスによって細胞が破壊されていると、肺炎に繋がりやすくなります。そして二つのルートの肺炎を抑えるためには、歯周病やむし歯を予防するように歯磨きをすることと、誤嚥性肺炎を抑えるために舌磨きが重要になります。舌をきれいにすることによって、誤嚥による最近の侵入を抑えるのです。新型コロナウイルスは症状が出ていない不顕性感染の人が大変多いということはウイルス自体はあまり強くなく、二次的な肺炎で重症化しなければそこまで怖いものではないかもしれません。では重症化を防ぐためにはどうすればいいでしょうか。

重症化を防ぐためには

歯周炎は肺炎だけでなく、様々な生活習慣病、動脈硬化や糖尿病に繋がっていることは従来から言われています。これは口腔内での出血が毛細血管を通じて全身にまわることから、 始まりますが、それであれば悪い物質を口腔内から体の中に入れなければいいのです。具体的には歯周病を防ぎ、歯周病菌を減らし、歯周病菌が出す悪い物質を減らすことが大事になってきます。

まとめ(歯科医院でできること)

歯科医師がやるべきことは細菌のコントロール、咀嚼系のコントロール、栄養のコントロールです。新型コロナウイルスの重症化患者を調べると栄養失調の患者さんが多いと言われています。噛めていない人は栄養失調の可能性が高いです。柔らかいものしか食べられない人は炭水化物の割合が多く、タンパク質とかミネラルが不足しがちになります。しっかりと噛めるような口腔内づくりができるようにサポートいたします。歯が痛い、噛めない、噛みにくいなどありましたらお気軽にご相談くださいね。