一般歯科 歯周病治療(歯周内科)入れ歯/義歯 3Mix法 小児歯科 滅菌・院内感染対策

妊婦検診

ひらい歯科クリニックでは、妊娠期間を乳幼児ムシ歯予防の大切な時期と捉えています。

妊娠したら歯科健診を受けましょう。

妊娠するとホルモンバランスが変わりお口の中の状態が変わります。特にハグキは炎症を起こしやすく、出血しやすくなります。

また、そのままになっているムシ歯があると、清掃不良の原因となったり、痛むこともあります。

妊娠中の歯科治療

ハグキの治療

ブラッシングやPMTC、歯石除去などのハグキの治療は問題ありません。むしろ積極的に行っています。

お母さんのお口の中をきれいにしておくことは、産まれてくる赤ちゃんにとっても大切なことです。

適切なブラッシングを行うだけでもハグキの状態は変わってきます。 是非、歯科医院での歯ブラシ体験をしてみて下さい。

ムシ歯治療

そのままになっているムシ歯は良くないことですが、妊娠期間中に治療を行うかというと、当院ではムシ歯の状態をよく調べてからにしています。

妊娠中でも安定期であれば、ほとんどの処置は大丈夫だと言われています。産科の先生もそのように言われます。

私も特に問題は無いです、と答えていますが、実際は、その時点で必要な治療のみ行うようにしています。

レントゲンも防護衣を付けますので安全ですし、麻酔も特に問題はないと言われています。 しかしながら、歯科の治療で、気持ちの上で負担になるような処置、例えば痛みを伴ったり、治療期間のかかるようなものは、わざわざ今の時点でしなくてもいいのでは、というように説明しています。

器具で歯を削ったり、表面を磨いたりすること自体は、妊娠中でも問題ありません。 ですので、C1程度の小さなムシ歯であれば詰め物をいれたりします。被せ物がはずれていれば、もう1度入れたり、型取りをして作り直します。 痛みを伴わないムシ歯であれば、応急的に穴を塞いだり、欠けた部分を丸めたりします。

痛みがある場合は、応急的な処置で様子を見て行きます。それでも痛みが止まらない、もしくは強くなったりする場合は、よく説明した上で、安定期を待って、痛みを止める処置を行います。

ここまで読まれておわかりかと思いますが、妊娠されるとムシ歯の治療はいろいろと制限されてしまいます。

できるだけ早めの処置をされておくことをお勧めします。

妊婦健診を受けましょう

お口の中をきれいにしておくことは、産まれてくる赤ちゃんのためにも、とても大切なことですから、妊娠期間中の検診、そして歯のクリーニングは積極的に受けられることをお勧めします。

母子健康手帳にも妊婦歯科健診の無料健診票が付いていますので、是非ご利用下さい。