一般歯科 歯周病治療(歯周内科)入れ歯/義歯 3Mix法 小児歯科 滅菌・院内感染対策

歯石の除去

「歯石を取るのは何のためでしょうか?」
しみるのを我慢し、血がたくさん出てもがんばって
歯石取りに通っているあなたへ、お訊きします

歯石を取って下さい、ということで来院されることが多くおられます。歯石を取って、お口の中をきれいにするのは、とてもいい事ですから、是非続けて欲しいと思います。ところで歯石を取るのはなんのためでしょうか?などと、意地悪な質問を患者さんに投げかけたりします。一生懸命考えて、ムシ歯にならないため?歯周病を防ぐため?等の答えをいただきます。

正解はお口の中の掃除をやりやすくするため、なんです。 歯石自体は実は、悪さをするわけではありません。歯石があると、その周りに歯垢(プラーク)が付きやすくなり、その結果、ムシ歯、歯周病が起こりやすくなります。歯石を取る事によって、歯とハグキの境目の部分に歯ブラシの毛があたりやすくなり、歯垢がきれいに取れるようになります。 という事は、歯石を取ることより、歯垢を取る事の方が優先ということになります。

歯石って何?

歯石とは歯に付いた歯垢が唾液やハグキからの浸出液などと混じって硬くなった物質です。 歯とハグキの境目より上にある歯石を歯肉縁上歯石、下にある歯石が歯肉縁下歯石と呼んでいます。

私たちは、歯石を取る前に、まずハグキの状態を診ます。触れただけで、血がにじむような状態でしたら、歯石を取る前に、歯ブラシで歯垢の除去(プラークコントロール)を行い、ハグキの状態の改善を図ります。いきなり出血が多い中で、歯石を取るのは、弊害も多いことが報告されています。歯石はつらい思いをして、がんばって取るようなものではないですし、それよりもブラッシングで歯垢を取り除くことが重要です。

つまりは、痛い思いをしてまで、歯石は取らなくてもいいですし、それより、歯垢を取り除くこと(プラークコントロール)のほうが大切です。定期健診で歯科に行って、歯石取りが痛くて通うのが続かなかった、という話を聞きます。 定期検診に行ってお口の中を専門家に見せて、さらに器械を使ってきれいにするのは歯を守る上で大変重要なことです。そのように歯科医院に通ってもらう事で私たちは多くの皆さんのムシ歯や歯周病の予防に貢献できることになります。 私たちは歯石取りは、無理をしないでいいと考えています。それよりも、歯垢を取りのぞくこと、出血のない、健全なハグキを維持することが何よりも重要です。目的は健康を守る為です。

もちろん歯石は取るにこした事はありません。キレイな歯の面の方がツルっとしていて、歯ブラシもやりやすいでしょう。

歯石取りが痛くてできない、しみてつらいという方は、スタッフにその旨を伝えて下さい。あなたに合った、クリーニングの方法で処置を進めます。