一般歯科 歯周病治療(歯周内科)入れ歯/義歯 3Mix法 小児歯科 滅菌・院内感染対策

インプラント

インプラントは、人工歯根とも呼ばれます。入れ歯の様な違和感がなく、お食事も楽しい!

従来の治療

歯が1本抜けた場合
歯が1本抜けた場合

周りの健康な歯を削ってブリッジにします。

歯が数本抜けた場合
歯が数本抜けた場合

入れ歯を固定するための針金が、見た目にも機能的にも不快です。

歯が全部抜けた場合
歯が全部抜けた場合

入れ歯がズレたり、食べ物が内側に入って痛かったりします。

インプラント

歯が1本抜けた場合
歯が1本抜けた場合

健康な歯をまったく削ることなく、歯のない部分にインプラントを入れます。

歯が数本抜けた場合
歯が数本抜けた場合

針金付きの入れ歯ではなく、歯の無い部分に適切な数のインプラントを入れ、固定式の人工歯を取り付けます。

歯が全部抜けた場合
歯が全部抜けた場合

数本のインプラントを入れて、入れ歯の固定源となる維持装置を取り付けます。

歯の無い場所にインプラントを植えることにより、以前のようにしっかりかむことができます。

残っている大切な歯を削ることなく新たな歯ができる治療です。

インプラントは自費治療(保険外)になります。ご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。

残っている歯とは関係なく新たな歯を入れます

インプラントとは歯が無くなった時、その部分を補う方法の一つです。

ブリッジのところで説明したように他の歯の負担をかけながら入れる方法は、長い目で見ると台になる歯が悪くなるなどのデメリットが出てきます。

自分の歯を大切にする、予防を進めるということからも、ほかの歯を削らずに治療を行うインプラントのメリットは大きいといえます。

そして私がよくお話しするのは、もしインプラントが使えなくなって外れてしまったとしても悪くなるのはインプラントだけ、ということです。もしブリッジであれば台になっている歯ごと抜けることがあります。つまり1本歯がなかったのが、次は3本歯がなくなることになってしまいます。インプラントではこのようなことはありません。

いろいろ悩んだけれど入れてよかったという方がたくさんおられます

実際にインプラントを入れた方が言われるのは、自分の歯と同じように良く噛める、バネがないので目立たない、というようなことです。

ハグキで噛む力を受け止める入れ歯に比べればインプラントは自然の歯と同じようにあごの骨で噛む力を受け止めますのでしっかり噛むことができます。

また入れ歯と比べるとバネだけでなく、ピンク色の部分(床と言います)もありませんので自然な歯のように感じます。

十分な事前の診査を経て・・・

インプラントは顎の骨の幅、厚さ、骨の硬さなどの条件が整っていないとうまく処置ができません。上顎であれば副鼻腔との関係、下顎であれば下歯槽管との関係を診査し、安全に進めることが出来るかを確認します。また最終的には歯と歯を合わせて噛めるようにしますが、相手方の歯の状態も見ておかなければなりません。さまざまな条件をクリアして実際の処置に入ります。

ひらい歯科クリニックではすべての患者さんへ外部の総合病にてCT撮影を行っていただきますようお願いしています。それはこのような診査診断を適格に進めるためであります。患者さんにはご足労をお掛けしますが、しっかりとインプラントを埋入するためにお願いしています。最新のCTは骨の幅、厚みのみならず骨密度なども測定することができ、多くの情報を得ることができる機器です。

高性能のCTのデータを使うことによってひらい歯科クリニックでは安心で安全なインプラント治療を行っています。

必要な治癒期間をしっかり取ります

インプラントは保険外で費用も掛かるので、早くできるだろうと思っている患者さんが時々おられます。

インプラントは通常の歯科治療と違い、ハグキを触ることが多いので傷の治りを待つ期間が必要です。このため、期間は長くかかります。

下顎で4か月、上顎で7か月ほどの期間が必要となります。「その日のうちに入れます」「短期間で治療完了します」というような方法もあるようですが当院では必要な期間を確保したうえで処置を進めていきます。

インプラントはどれくらいもちますか?と尋ねられます

当院ではインプラント10年保証を行っています。

処置後医院で指定した間隔で定期検診に来ていただいた方には10年の間に何かあれば対応させていただきます。

健康な方であれば80歳、90歳、100歳と自分の歯で過ごされる方もおられます。そのような丈夫な方の歯に勝るものはありませんが10年の間は歯として機能していけるよう、フォローしていきたいと思います。