一般歯科 歯周病治療(歯周内科)入れ歯/義歯 3Mix法 小児歯科 滅菌・院内感染対策

ブリッジ

ブリッジは、昔からあるポピュラーな治療の方法です。

ブリッジは歯がないところに入れる方法です。1~2本歯がないときに使う方法です。無いところが3本くらいになると残っている歯の負担が大きくなるので、適応とは言えなくなります。

ブリッジの利点は自分の歯と同じように噛めるということがあげられます。また固定式のため、はずれない(はずす必要がない)ことも良いところでしょう。

噛み心地は良いけれどリスクが高い

逆にブリッジの良くないところは台になっている歯に無理がきやすいところです。これは台になっている歯がないところまで負担をしているからです。

またブリッジをいれるために両隣を削る必要があります、例え健康な歯であっても削らないと治療ができません。そしていれた後に痛みが出そうであれば神経を取ることもあります。

また全部がつながっているので清掃が難しく、むし歯や歯周病をになりやすいという事も欠点です。

歯のないところを指して「ここが痛い」という方がおられます

ブリッジは自分の歯と同じように噛めるので、その部分の歯がないことも忘れてしまう方がおられます。そういう方は意識して清掃を行うこともなく、気が付いたら台になっている歯が悪くなり、さらに欠損部分が増えることになります。

ご自身のお口の中のどの部分にブリッジが入っているのかだけでも知っておくようにしましょう。

そして自分でご家庭でのブラッシングはもちろん、定期的に歯科医院でのプロのクリーニングを受けて下さい。