一般歯科 歯周病治療(歯周内科)入れ歯/義歯 3Mix法 小児歯科 滅菌・院内感染対策

幼児期後半(4歳から就学時)のむし歯治療

知っておきたい事

5歳を過ぎて就学に近づいてくると、永久歯が頭を出してきます。 今まで、いろいろな事に注意して、お口の中をきれいにしてきたのも、すべてここから先、出てくる永久歯を守る為です

始めに下の前歯、上の前歯が乳歯が抜けてから顔を出してきます。そして6歳臼歯が出てきます。この6歳臼歯ですが、乳歯から生え変わらずに出てきますので要注意です。出て来た事に気付かない、気付いてもうまく歯ブラシが届かない、ということでムシ歯にしてしまうケースがよくあります。
お口の中で最もよく使われ、顎の発育、そして全身の発育のキーとなる歯です。大切にしましょう

むし歯の予防法

この時期はいろいろなことが1人でできるようになっているので歯ブラシも自分でさせる、というご家庭も多くなっているようです。

ところで、6歳臼歯は出て来た事にも気付かない子供達が多くいると言う事で、どうしてもムシ歯になりやすいものです。
ということを考えると、この6歳臼歯をターゲットにもう1度仕上げ磨きをしてあげるといいでしょう

大切な歯なんだということを親子で意識して、ムシ歯にしないようにしましょう。 6歳臼歯はもともと溝が深く、ムシ歯になりやすいので、予め溝を埋める処置シーラントを行うことでムシ歯を防ぐことを行っています。

むし歯ができたら

乳歯のムシ歯は、サホライド塗布やフッ素の応用などで、経過観察を行います。痛みがあったら、レジン充填などの処置を行います。

そして乳歯にムシ歯ができると言う事は、永久歯にもできやすい可能性が高いので、歯ブラシや食生活をチェックしましょう。