一般歯科 歯周病治療(歯周内科)入れ歯/義歯 3Mix法 小児歯科 滅菌・院内感染対策

大人のむし歯治療

大人のムシ歯

ムシ歯ができやすいですというあなたへ 子供の頃からムシ歯ができやすくて・・・という方がおられます。 そんなあなたは、たくさんの治療を経験して、詰め物被せものが多く入っているかと思います。

年齢も30歳前後になってくるとあらたなムシ歯というよりも、過去に治療した歯が何かトラブルを起こしてくることが多くなります。

大人のムシ歯は?

多くは10代の頃にできていた小さなムシ歯が進行して穴が開いたり、痛みが出たりということが多いです。

過去に治療した歯が悪くなってしまうことが多く見られます。

「神経を取った歯だから痛むことはないだろう」
「被せてしまっているので、この歯は大丈夫です」

こんな風に考えている多くの方が、気がついたら歯を失う事になっています。

神経がある健全な歯がムシ歯になれば痛くなります。そして治療を行ったその歯はもう安心ではなく、そこから先が要注意となるのです。

ムシ歯の進み方は先にあげたように進行するほど時間がかかります。そしてその治療が終わったら、終了・・・ではありません。ムシ歯になって削った歯はその後さらにムシ歯になるリスクが高くなります。

神経を取ったからと言ってもその後もお口の中で歯として物を噛むなど機能していますから、痛みが出ます。そして神経を取った歯が痛む時はハグキが腫れる、それが何日も続く、という症状を起こし、最終的には残せずに抜く事になってしまいます。

そのようにして次々に抜歯となり、入れ歯などを入れることになってしまう多くの方がおられます。

歯を守るために

そんな要注意の神経のない被せた歯ですが、守っていく為には何が必要でしょうか。

異常を感じたら早めに受診

金属の歯の周りからニオイがする、歯間ブラシなどを入れると出血する、糸ようじで掃除すると味がする、などはムシ歯の事があります。被せてしまっていると悪い所を見つけるのは難しくなります。

レントゲンでの診査で被せ物の端がどのようになっているか、内部でムシ歯が進んでいるようだったら被せものをはずして治療に入ることをお勧めします。

痛みが出たら歯科へ行くのではなく、健診等でどの歯が神経を取っているのか、 欠損した歯があるのか、どうやって歯を入れているのか、知っておくことが大切です。

処置が増えるほど歯ブラシでの清掃は難しくなります。被せ物の端、つながっている部分などは自分ではきれいにできないものです。

年に3回のプロのクリーニングを受けてムシ歯を予防しましょう。